東京銀座クリニック
サイト内検索:
ホーム 院長紹介 診察のご案内 診療方針 書籍案内 お問い合わせ

● 抗がん漢方薬のお試し用のレトルトパックのご紹介

漢方薬は10種類以上の生薬を組み合わせて作ります。使われる生薬の多くは医薬品ですので、健康食品としては使用できないものです。効果が高いので医薬品となっているわけですから、目的に合わせて作った「抗がん漢方薬」は、がんに効くと言われているどの健康食品よりも効果が高いと言えます。しかも、健康食品よりも安価です。

レトルトパック詰めの漢方薬は煎じる手間が省けて、入院中でも抗がん漢方薬の煎じ薬を服用できます。
がん治療では、以下のような処方を基本にし、それらを1〜2週間程度服用して、胃腸への負担や、飲みにくさ、体の反応などを伺ってから、さらに体調や病状に合わせた処方へと修正していきます。

含まれる生薬の種類 ()内はエキス抽出に用いた1パック当りの生薬のグラム数
1パックの値段
デンシチニンジン(3)、オウギ(6)、ソウジュツ(2)、ブクリョウ(2)、シャカンゾウ(1)、トウキ(2)、シャクヤク(2)、ジュクジオウ(2)、センキュウ(2)、ケイヒ(2)、トウニン(2)、ボタンピ(2)、コウカ(2)、ウコン(2)、ゴミシ(2)、タイソウ(2)  570円
コウライニンジン(3)、オウギ(6)、ビャクジュツ(2)、ブクリョウ(2)、チンピ(1)、ショウキョウ(1)、タイソウ(2)、シャカンゾウ(1)、トウキ(2)、サイコ(2)、ロッカクレイシ(2)、バイキセイ(3)、ジョテイシ(3)、クコシ(3)、バクモンドウ(5)、ゴミシ(2)  610円
デンシチニンジン(3)、オウギ(10)、ソウジュツ(2)、ブクリョウ(2)、シャカンゾウ(1)、タイソウ(2)、ショウキョウ(1)、トウキ(3)、セキシャク(3)、ケイヒ(2)、ウコン(2)、ガジュツ(3)、サンリョウ(3)、ビャッカジャゼツソウ(10)、ハンシレン(10)  840円

1)は抗がん剤や放射線治療の副作用を防止したり、手術後の回復促進、再発予防に使用する基本処方です。漢方理論で言う「気」と「血」の量と巡りを良くして、組織の回復力や治癒力を高めます。体力や免疫力を高める生薬も多く含まれています。

2)は胃腸が弱っている人に使う基本処方です。胃腸の状態を良くして食欲を高め、免疫力と体力を増強します。

3)体力と免疫力を高める生薬に、抗がん作用のあるガジュツ(莪朮)、サンリョウ(三稜)、ビャッカジャゼツソウ(白花蛇舌草)、ハンシレン(半枝蓮)を追加して抗がん作用を強めたものです。進行がんにおける抗がん剤や放射線治療中や、西洋医学的に治療法がなくなった進行がんの患者さんなどに使用しています。

これらを食前に1日1〜2パック服用します。通常は朝と夕食前に1パックづつですが、胃腸に負担がかかるときは、1パックを薄めて1日に2〜3回に分けて服用します。

これらを1〜2週間ほど服用して、問題なければ、がんに効く生薬を増やすなど、処方内容を修正していきます。抗がん生薬としては、3)で使用した、莪朮(ガジュツ)、三稜(サンリョウ)、白花蛇舌草(ビャッカジャゼツソウ)、半枝蓮(ハンシレン)の他に、竜葵(リュウキ)、七葉一枝花(シチヨウイッシカ)、夏枯草(カゴソウ)、喜樹(キジュ)などを病状に合わせて追加していきます。

また、食欲不振、倦怠感、下痢、便秘、発熱などの症状に合わせて、生薬の種類や量を加減することによって、病状や体調や治療状況に応じたオーダーメイドの漢方がん治療が実践できます。

処方について:

漢方薬の煎じ薬のレトルトパックは10パックから、代金引き換えの宅急便でお送りすることができます。
薬代と送料・代引手数料が加算されますが、10パック(5〜10日分)が6000〜10000円程度の費用になります。

【抗がん漢方薬注文メールフォーム】・お試し用抗がん漢方薬のご注文メールフォームはこちら⇒クリック

・オーダーメイドの抗がん漢方薬のご注文メールフォームはこちら⇒クリック

メールフォームで病状や体調、治療の状況をお知らせください。

煎じ薬のレトルトパックについてはこちらへ

(注)
漢方薬は医薬品です。したがってクリニックからの処方という手順を踏まなければなりません。
一般的に、医師が薬を処方するときには、診察が必要であることが医師法に定められています。しかし、「診察」というのは、必ずしも医師と患者が対面しないといけないという規定はどこにも記載されていません。
(健康保険を使って診察を受ける場合は、初診料や診察料を保険組合に請求するため対面診療が基本ですが再診以降は電話での診療が認められています。)
医師と患者さんが、意志疎通できて、病状や体調を把握し、インフォームド・コンセントが得られれば薬を処方することは可能です。特に、体の治癒力を高めることが目的に漢方の場合には、病状や体調を電話やメールで聞くだけでも十分に処方できます。
がん治療の場合は、がんの種類や進行度と、体力や食欲の状態を聞けば、最初の処方は決められます。漢方薬を1〜2週間投与して、その反応を聞きながら、処方を修正していけばその人に合った漢方薬が決まるのです。
病院で薬をもらうために、数時間も待ったりすることは、がん治療において何のメリットもありません。体の治癒力を高めてがんを治していくときに、このような抗がん漢方薬は極めて有用だと思います。少なくとも、素人判断で、健康食品を組み合わせるより、はるかに有効で安全だと考えて、このような方法をとっています。

 
| ホーム院長紹介診療のご案内診療方針書籍案内お問い合わせ
COPYRIGHT (c) GINZA TOKYO Clinic, All rights reserved.