東京銀座クリニック
サイト内検索:
ホーム 院長紹介 診察のご案内 診療方針 書籍案内 お問い合わせ


当院ではエビデンス(科学的根拠)費用対効果を重視したがんの漢方治療と補完・代替医療(未認可医薬品やサプリメント)を実践しています。基礎研究や臨床試験で有効性や安全性が確かめられている補完・代替医療の中から、経済的負担の軽いものを提供することを目標とし、次の2点を診療の基本としています。

1)患者さん中心
それぞれの患者さんに合ったオーダーメイドの代替医療を指導・提供します。十分な時間をかけた説明と指導を行い、できるかぎり費用を抑えて効果を高める方法を追求します。

2)エビデンス(科学的根拠)を重視
科学的根拠に基づいた論理的に納得できる漢方治療と補完・代替医療を提供します。新しい知識や治療手段を積極的に取り入れて、治療効果を高めることを追求します。

○ がん治療に対する基本方針

(1)西洋医学的な標準治療(手術・抗がん剤・放射線治療)を優先しながら、標準治療の副作用軽減や治療後の再発予防の目的で、漢方薬やサプリメントを使った補完治療を提案します。

(2)がん細胞だけに目を向けるのではなく、諸臓器の働きや体力・抵抗力・治癒力といった目にみえない生体機能にも注意を払いながら、がんの強さと体の生命力や抗がん力のバランスを考慮した治療を行います。

(3)西洋医学的な治療法で効果が期待できなくなった進行がんや末期がんに対しては、漢方治療やその他の代替医療を組み合わせて、がんとの共存や症状の改善を目標とした治療を提案します。

○ がんの状況に応じた治療内容

1. がん治療中の体力・抵抗力の保持、副作用予防

手術や抗がん剤や放射線によるがんの標準治療は、がん細胞を攻撃するだけでなく、正常の細胞や組織にもダメージが及ぶという欠点があります。西洋医学ではがん細胞を攻撃することが主体であり、体力や免疫力や治癒力を高めるという考え方や手段が乏しいようです。

漢方治療は体力や抵抗力や治癒力を高める方法を長い臨床経験のなかで蓄積してきました。この漢方治療の考え方と方法は、抗がん剤や手術や放射線治療による体力消耗や抵抗力低下を防ぐ方法として利用できます。さらに適切なサプリメントなどを利用することによって、がん治療の効果を高め、副作用を軽減することができます。

しかし、素人判断でむやみに健康食品を利用しても、場合によっては逆効果になることもあります。がんの標準的治療と、漢方薬やサプリメントの知識に基づいて、適切に使用することが大切です。当クリニックでは、抗がん作用の高い漢方薬を中心に、有効性が確認されてる安価なサプリメントを適切に使って、がん治療の効果を高め副作用を軽減するような治療を行っています。

2. 各種のがんの治療後の再発予防

抗酸化力、免疫力、解毒機能、新陳代謝、血液循環を良くすることはがんが再発しやすい「がん体質」の改善に有効です。自然治癒力を高める東洋医学の理論のもとに、病状と体質に応じて漢方薬や健康食品を併用し、食生活や生活習慣の指導を行ない、がんが再発しない体づくりを目指す治療を行います。
漢方薬は補剤、駆お血剤、理気剤などを主体に処方し、必要に応じて、免疫力増強と抗酸化作用の優れた健康食品・サプリメントを用います。再発のリスクの高い場合には、腫瘍血管新生阻害剤やシクロオキシゲナーゼ−2阻害剤など再発予防に有効な西洋薬も併用します。

3. 進行がんや末期がんに対する漢方治療と代替医療

体力や免疫力を高める生薬に抗がん作用のある生薬を組み合わせた漢方薬は、がんの増殖を抑え、症状を改善し、QOL(生活の質)を高める治療として有効です。
さらに「体力や免疫力を高める効果」「腫瘍血管の新生を阻害する効果」「がん細胞の増殖を抑える効果」「がん性悪液質を改善する効果」などの抗腫瘍効果があり、かつ副作用の少ない医薬品やサプリメントなどを併用することによって、がんとの共存や延命を目標とした「からだにやさしいがん治療」を行います。

4. 慢性肝炎・肝硬変・肝がんの治療

肝臓がんの特徴は、一つのがんを治療しても、残った肝臓に再発を繰り返すことです。再発をいかに予防するかが問題になっています。
抗酸化力、免疫力、解毒機能、新陳代謝、血液循環を良くすることは、肝機能の改善、肝炎の進展予防、発がん予防、肝がん治療後の再発予防に有効です。西洋医学的な診断法や治療を尊重しながら、病状と体調や体質に応じて、漢方治療や健康食品などで、解毒機能や治癒力を高めます。
肝炎の病期や病態に応じたオーダーメイドの漢方治療を行ない、免疫力、抗酸化力、解毒機能、血液循環など自然治癒力を高める健康食品や、発がんを予防する抗がん生薬などを組み合わせて行います。
(肝炎・肝臓がんの漢方治療の詳細はこちらへ

 
| ホーム院長紹介診療のご案内診療方針書籍案内お問い合わせ
COPYRIGHT (c) GINZA TOKYO Clinic, All rights reserved.