1. がん治療中の体力・抵抗力の保持、副作用予防

手術や抗がん剤や放射線によるがんの標準治療は、がん細胞を攻撃するだけでなく、正常の細胞や組織にもダメージが及ぶという欠点があります。西洋医学ではがん細胞を攻撃することが主体であり、体力や免疫力や治癒力を高めるという考え方や手段が乏しいようです。 漢方治療は体力や抵抗力や治癒力を高める方法を長い臨床経験のなかで蓄積してきました。この漢方治療の考え方と方法は、抗がん剤や手術や放射線治療による体力消耗や抵抗力低下を防ぐ方法として利用できます。さらに適切なサプリメントなどを利用することによって、がん治療の効果を高め、副作用を軽減することができます。

しかし、素人判断でむやみに健康食品を利用しても、場合によっては逆効果になることもあります。がんの標準的治療と、漢方薬やサプリメントの知識に基づいて、適切に使用することが大切です。
当クリニックでは、抗がん作用の高い漢方薬を中心に、有効性が確認されてる安価なサプリメントを適切に使って、がん治療の効果を高め副作用を軽減するような治療を行っています。 さらに、がん治療以外に使われている医薬品の中に、がん細胞の増殖を抑えたり、がん治療の効果を高めるものが数多く知られています。このような医薬品の適応外使用は保険診療ではできませんが、自由診療では使用できます。このような医薬品の適応外使用を組み合わせる「体にやさしいがん治療」も実践しています。

◎ 抗がん力を高める漢方薬とサプリメントについてはこちらへ

◎ 抗がん剤治療の効果を高める補完療法についてはこちらへ

| ホーム院長紹介診療のご案内診療方針書籍案内お問い合わせ
COPYRIGHT (c) GINZA TOKYO Clinic, All rights reserved.